創業1999年‐あなたのお名前、記念日、漢字、英字、家紋、ロゴでオーダーメイドのシルバーアクセサリーを作ります
ホーム
0
カテゴリー
グループ
読みもの
カート
お客様へ
絞り込む
カテゴリー
グループ
読みもの
  • ホーム
  • 品質の良いシルバーアクセは重い?軽い?
品質の良いアクセは重い?軽い?

すいません、自分もまったく知りませんでした。


みなさんは品質の良いアクセは重いと思いますか?それとも軽いと思いますか?


「シルバーアクセサリーって言ったら、どれも同じ銀なのだから、含有量が同じなら同じ重さになるのが当然でしょ!!」と思っていました。


ところが、シルバーアクセマニアのお客様から衝撃のひとことをいただきました。

「史さんのシルバーは重くてしっかり入っているからイイよね!」


まだ駆け出しの私は心の中で


 ( へ?このお客さん何を言ってるの? )


 (あと「しっかり入っている」って何? )


疑問がでまくりましたが、何とか切り抜けて工房に戻ってきました。

慌てて職人さまに確認です。

「今日、お客さんから『銀がしっかり入っているからいいよね』といわれました。
 どういう意味か分からなかったんですけど、教えてくれませんか?」

(職人談)「なるほどね。○○○さんがそんなこと言ってたかぁ。。嬉しいね」

「え、じゃあ『重い』とか『入っている』とかって本当のことなんですね?」

(職人談)「そうだよ。知識と実際の違いってやつだな。」

ここからは、その後説明を受けた内容の要約です。


 同じ銀でも鋳造(熱で溶かした銀を鋳型に流し込む工程)のときに、
 うまいへたが出る。


 下手な人は、空気の気泡をたくさん取り込んでしまう。  そうなると、内部には空洞がたくさん存在するため、軽くなるし、表面には「す」がたくさん出てしまう。


 上手な人は、空気を入れないように銀を流し込むことができる。そのため、内部に空洞はなくその分重さを感じる。表面にももちろん「す」はほとんど出ない。


 これにより、まったく同じ型で鋳造しても職人の腕により違いが出る。


 ということでした。


ですので、


正解は、、、



「 重 い 」



      でした。